« カップルリングと結婚指輪 | トップページ | Brown Eyes »

2007年2月 5日 (月)

あなたを忘れない

そうそう、その韓国人の男性に「あなたを忘れない」という映画のことを聞いてみたんですよ。

日本で上映が始まったけど、韓国では公開されました?ヒットしましたか?と。

彼は、とても忙しいビジネスマンだからか、「映画とかあんまりよくわからなくて・・」と、まったく知らない様子。

で、「ほら、あの、新大久保で線路に落っこちた日本人を助けようとして亡くなった、イ・スヒョンさんの映画!!!」と力説したら、その人のことはもちろん知っていたけれど、映画のことはわからないみたいだったの。

じゃあ、まだ公開されてないのかな?同時公開かと思ったのに・・・

そしたら、こんな記事みつけました。ココ そうなの?公開されるかどうかもわかんないなんて・・・

「あなたを忘れない」HP  こっち?

1 本当に日本人の彼女がいたのか、その女の子は歌手を目指していたのか、訊きたかったのに・・・

そして、この後。T_T2

|

« カップルリングと結婚指輪 | トップページ | Brown Eyes »

コメント

Yahoo!Japanの映画レビューでの投稿のどこかに韓国人留学生の恋人がいたそうですが、日本人の恋人はフィクションだと書かれていました。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id326060/p1/s0/

少し前、イ・スヒョン氏の追悼コンサートが開かれたそうですが、本当に歌手を目指している恋人がいたら出演していると思うので、やはり日本人の恋人というのはフィクションではないかと思うのですが。

投稿: A.Na | 2007年2月 6日 (火) 01時08分

A Naさん、始めまして!

そして情報ありがとうございます。

やっぱり、日本人の彼女はフィクションですよね。
わたしも、そんな気がしました。
だって、そんな女性がいたら、とっくに歌手として注目されていますよね。

もう少し事実に近いストーリーのほうがよかったですよね。
恋人が韓国人でも、日本人でも、異国の地で命を投げ出して誰かを助けようとした。。っていうだけで、もう感動だと思うので、敢えて変えないほうが・・・とも思います。

投稿: antaka | 2007年2月 6日 (火) 23時26分

誤解されてたらと思い、一つコメントさせていただきます。

あの映画は99%フィクションです。
実話(事実)とは全然違います。

唯一あってるのは「李秀賢さんが助ける為に命を落とした」の一点だけ。

同時に助けに飛び込んで死んだ関根さん(日本人カメラマン)の存在が“なかった事”になっています。
主人公も実際の李さんとは全くの別人、恋人も韓国人です。
その他諸々の設定も家族も事情も全てフィクションです。

・ホームには人は殆どいなかった(新大久保駅はラッシュ時以外駅員がいない。
・タクシーにぶつかった事件はあったけど、倒れたイさんを車から出てきた客が抱き起こしてくれた。警察で調書もとった。イさんは酒を飲んでいたので言い分を聞いてもらえなかったから悔しがっていたけど、差別用語など受けていない。
・日本が嫌になったんじゃなく単なる正月帰省。
・電車が来るまで7秒も無い。
・イさんは電車の前に立ったのではなくホームのすぐ下にいた。
・顔がめちゃくちゃに潰れていたけど、体はきれいだった。(要するに最期の7秒間、向かってくる電車に両腕を突き出し、止まるようにと懸命な合図を送り続けたのは完全にウソ)

こうして誤解され、関根さんの存在が軽んじられ、差別感が捏造されていくのが映画なんかより余程切ないので、僭越ながら書かせていただきました。

投稿: DQ | 2007年2月23日 (金) 02時24分

DQさん、コメントありがとうございます

映画にするということで、やはり映画向けに作る必要があったのかもしれないですが

>「李秀賢さんが助ける為に命を落とした」の一点だけ

でも、ごく普通に生きていた人が、身の危険もかえりみず誰かを助けようとした。
このことだけで、本当はすごいことだったのに。
関根さんも、李さんも、同じように。。。

映画が、事実と違うという理由で、その行為すらもまっすぐに見れなくなってしまうことがもしあるのなら、そのほうが残念ですね。

投稿: antaka | 2007年2月23日 (金) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カップルリングと結婚指輪 | トップページ | Brown Eyes »