« 私の頭の中の消しゴム | トップページ | プロポーズ 3話 »

2005年9月 1日 (木)

1%の奇跡 終了

終わりました。ほのぼのドラマだったんですが、最後のほうは泣けちゃいましたね。結局は全員幸せ02になりまし た。もう一度見たいというストーリーではないですが、会話中心なので、もう少し韓国語がわかるようになればそういう意味ではおもしろいかも。。「渡る世間は鬼ばかり」風ですが、起きる問題はそれほど深刻ではなく、身分違いの結婚をめぐる両家の悲喜こもごも。

31カンドンウォンの妹役の人、すごく髪がきれいです。細くてしなやかで艶々してる。あんな髪になりたいものですな。今椰子のみシャンプー使ってみてますが・・・

最後に、ハラボジの出版記念パーティーの会場セットを利用して、出演者が一言ずつ挨拶していましたが、「ヘンボカセヨ」(ヘンボクハダ:幸せだの尊敬形で、お幸せに)という人が多かったです。最近、注意して聞いているからか、「ケンチャヌセヨ」と言っているのも聞き取れるし、やっぱりかなり尊敬語を多用する言語ですね。

もちろん、アニョハセヨ・アンニョンハシムニカも尊敬語。

ソニョン役の人が「軍隊に行ってきます」と挨拶していましたが、行ったのでしょうか?とても端正な顔立ちでお人形みたいでした。

WOWOWでカンドンウォンとのFANミーティング1組2名ご招待!受付中。

近畿日本ツーリストで申し込めるようですが、@@超お高くてビックリ

|

« 私の頭の中の消しゴム | トップページ | プロポーズ 3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104103/16744728

この記事へのトラックバック一覧です: 1%の奇跡 終了:

« 私の頭の中の消しゴム | トップページ | プロポーズ 3話 »