« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月14日 (火)

韓国語スクール2

体験レッスン行って来ました。なかなか進み方も早く宿題まで出て大変そう。そしてソンセンニムに注意されたのがまるで怒られているように感じてしまった。でも自分にハッパをかけるつもりで始めてみようと思います。同じクラスの人たちは今ひとつ先生のジョークに対してノリが悪かったけど、受付近辺では先生たちのパンマルが飛び交っていて思わず耳をダンボにしました。やっぱ、生はいいなぁ~。

偶然にもそこで、知人に遭遇。何故?韓国語?と思ったら、仕事で半年前から韓国担当なんだって。しかもその人も今日が体験レッスン。あんなところでバッタリ会うなんて、腐れ縁だわ。久しぶりの彼の毒舌も心なしかうれしかった(?)その人はわたしより一つ上、誰かを"오빠"と呼んでみたかったわたしにとって、やっと年齢的に呼べる存在ですわ。(ビョンホニムのことも呼べなくてさみしい・・)そんなこともあり、そこで勉強するべきと背中を押されたような気がします。

そして、ワーイ!!今日は병헌씨のblogの更新がありました。よかったよかった。ウンウン。

さて今から宿題やって、途中から入ったのでそれまでの分を勉強しとかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

美しい夜、残酷な朝

321430view001 見てきました。「美しい夜、残酷な朝」 ものすごく身構えて行ったけど、そうでもなかった。 途中怖そうなところは、スクリーンから目をそらしたりしてズルしましたけど。。(意味ないですね?見なかったら)それにしても、テレビでチラっと見た、リングやらせんのほうがずっと怖い。

韓国編のラストがよくわかんなかったなぁ。頭が混乱してしまったってことなの??うーん。それとも殺したかったってこと?善人ぶったままで。。韓国編が3つの中で一番悲惨な結末だったような。

韓国版のHPはかなり気持ち悪い。映像ではすぐ流れて行ってしまうのに、画像にされると・・・ ちなみにスペシャルバージョンの方を見ようをしたらPC固まりました。後でもう一度トライしよう。(TOPのあの手は誰の?)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月 2日 (木)

バンジージャンプする

21_b この映画は、ソウルメイトをテーマにした内容だそうです。ソウルメイトとは、何度生まれ変わっても愛する運命の相手。イビョンホン演じるインウとイウンジュ演じるテヒ。

突然いなくなってしまったテヒを思いながらも、17年という歳月をすごしたインウ。教師になり結婚もし子供もいる。そこへ、テヒを思わせるような行動や言動をする男子生徒が現れる・・・どうすることもできず、そ27_bの男子学生を愛してしまい苦しむインウ。

約束の駅で待ち続けるインウ。17年も経っているのに。そこへ。(ここがジワっと来ますね。近くでかなり号泣して見てらした人がいましたが、号泣?わたしってクール過ぎるんでしょうか?)

他にも胸を打つシーンがいくつかありました。

Romiwhan_10 新しく担任を受け持つことになったクラスでインウがした因縁についての話。黒板からはみ出すような長~い線をチョークで描き、「これは地球だ(チグダ)。君たちはこの地球上で気が遠くなるほどの確率で出会って今ここにこうして一緒のクラスにいる」、という話をするのですが、だから今を大切に・・とか言うのではなく、「気味が悪いだろ」なんて言うところがまたいい感じです。

それと、生徒が万引で疑われたときに、彼の言葉を信じ、教室まで乗り込んできたタバコ屋のオヤジを追い返した後、自分が幼い時、弱虫でいじめられてた自分を、いつも先生が信じて自分の味方になってくれた、俺もお前たちの味方だ。裏切るなよ!と言うところ。まるで青春ものじゃないですか。カッコよかった。

37_bひとつ思ったのは、インウがテヒに惹かれる理由というかエピソードのようなものが全くなく、雨の日に傘に飛び込んできただけで、恋に落ちる設定なんですが、そこが少し物足りないような気がしました。でも、それこそがソウルメイトだから。なんでしょうか?「恋に落ちたのではなく、その人が自分の愛すべき人だと知った」ということなのかな。フムフム

29_b

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »